スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

冬本番。暖かく過ごすには・・・

2017年01月13日 7:11 pm カテゴリ: 


スローハンド代表 森田です。

 

どうもここ数日は、強烈な寒波が襲来するとのことで、

今日あたり浜松も相当寒い一日でした。

この時期になると毎年

冬の暮らしの体感をしていただく機会を設けております。

スローハンドでお勧めしているのは、

空気集熱式パッシブソーラー「そよ風」、

薪ストーブ、ペレットストーブの3つ。

それ以外にも暖をとるシステムや器具はたくさんありますが、

この3つをお勧めしているのには理由があります。

3つの共通点は、輻射暖房ということ。

輻射暖房とは、

輻射熱を利用した暖房のことをいいます。

輻射熱とは、暖められた物質が熱を放射することをいいます。

熱の伝わり方には「対流」「伝導」「輻射」と3つありますが、

「対流」は、暖められた液体や空気などが上昇し、

冷たいものは下に流れて伝わることです。

「伝導」は、温度の高い物質から低い物質に伝わる熱。

「輻射」は、熱を持った物質から赤外線が放射されて伝わることです。

輻射によって暖まった空間は、

それほど高い温度にしなくてもほんのりとした暖かさで包まれた感じになります。

それがとても心地よいと思っています。

もう1点は、全館暖房であること。

ひとつの熱源で家全体を暖かくすることが、

この3つでは可能ということです。

どの部屋にいっても温度差がないことは、

お年寄りにもやさしいですし、

朝起きたときに布団から出るのがツライということも

かなり軽減できます。

いろんなメリットがありますが、

もちろんデメリットもあります。

この冬、何回かそれぞれのしくみを取り入れたお宅で

体感会を行う予定です。

そういったメリット・デメリットも知っていただいた上で、

ご検討いただければと考えております。

体感イベントはおってお知らせいたしますので

ぜひご検討ください。

 

 

 

メールセミナー登録受付中。

これから家づくりを始める方に、これだけは知っておくべきポイントをスローハンドより12回にわたってお伝えいたします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。