スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

風景をつくろう

2017年07月08日 4:00 pm カテゴリ: 


スローハンド代表 森田です。

 

まだ梅雨の真っ只中ですが、

浜松はここ数日真夏のような暑さです。

子どもの頃は夏が来るのが待ち遠しかったものですが、

来たらきたで、暑さをどうやり過ごすか

日々考えちゃいますよね。

僕らは常々、ソトに開く住まいを良しとしています。

外の風景・眺望を家の中に取り込んで、

気持ちよく暮らす・・・。

簡単なことですが、なかなか難しいことでもあります。

我が家(HPでは西町の家としてご紹介しています)は周りが田んぼばかりで

周辺の土地も凹凸があるわけではないので、

あまり眺望がいいというわけではありません。

だからといって、何もしないのも芸がないので、

田んぼの稲が張られた夏場は、

その青田の景色をしっかりいただいちゃっています。

田んぼの上を通る風を青田風というそうですが、

それが我が家の中に涼をもたらしてくれます。

ただ、田んぼが連なるということは、

視線を遮るものが何もないということなので、

そこは建築と暮らしの道具で設えます。

しっかりと深く軒を出して、そこに葦(よしず)をたらすと、

ほとんど外の視線を気にすることなくのんびりと過ごせます。

こうやって気持ちよく暮らす場所が出来上がると

家にいることが愉しくなり、

より愛着が湧いて、大切に暮らすことにつながります。

積極的にソトに開く住まいをぜひ!!

 

 

 

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。