スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

こう台風が多いと・・・

2017年10月28日 4:29 pm カテゴリ:,  


スローハンド代表 森田です。

10月も終盤だというのに、

2週連続で台風が接近するなんて、どういうことでしょうねぇ。

それに加え、先週はずっと雨で、つくり手としてはいろいろ気をもみます。

浜松は雨の年間を通じて雨が多いので、

建物においてもその対策を施すことは必須といえます。

なるべく軒を深くして、

窓にも霧除け庇をしっかりとつけて、

建物への雨の影響を少なくさせることが大事と考えます。

最近は、掃き出しのような大きな窓には雨戸をつけるようにもしています。

2011年9月の15号台風は、

浜松を直撃して、結構大きな被害をもたらしましたよね。

あの時、昼間に上陸、通過していったので、

過ぎた直後のようすや、結構体験談も聞きました。

一番これは・・・と思ったのは、

大きな窓のガラスがしなって、割れちゃうんじゃないか不安だったという声です。

雨だけなら対処できますが、

やはり暴風をともなうと、雨戸がとても有効です。

それ以来、特に台風接近時に強風が吹く東側をメインに

雨戸をなるべくつけるようお奨めしています。

ただ、あの味気ない雨戸板が常時見えるのは忍びないので、

戸箱はしっかり木の造作で造っています。

それが外観のアクセントにもなります。

先週もほぼ直撃の台風でしたよね?

気候変動のせいかもしれませんが、

浜松あたりが古い表現ですが、台風銀座と呼ばれるようになるかもしれません。

雨戸は今後この地域で必須になるかもしれませんね。

 

↓雨戸を設置したようす。

 

 

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。