スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

小さな家の工夫…廻れる家がいい。

2018年11月18日 10:25 am カテゴリ: 


スローハンド代表 森田です

 

間取りを考えるとき、

どうしても部屋の数とか大きさとかに

考えがいってしまいます。

 

それもいたし方ないことですが、

少し視点を変えて、

動線から考えることが大切です。

 

いうまでもなく家は、

家族が生活をする場所ですから、

日々いろんな動きがありますよね。

生活そのものの動線、

家事の動線、

出かけるときの動線などなど。

 

そういった人の動きを整理して

生活しやすい間取りにすると、

小さな家でも広く暮らせます。

 

そうはいっても、

限られた空間の中に

いろんな動線を複雑に入れ込むと

かえって余計に空間を必要としたり、

お金がかかったりします。

 

お勧めするのは、廻れる動線。

ぐるぐると回遊できる動線が家の中にあると、

暮らしがぐっと豊かになります。

さらに

動線の先を行き止まりにしないで、

壁に窓を設けると、

視線がその先に行きます。

そうすると小さな家でも奥行きや広がりか感じられます。

 

間取りを考えるとき、

まず、廻れる動線を考える…

それがいい家をつくるポイントです。

 

家の中心にある階段の周りをぐるぐる廻れる浜松・国吉の家

 

 

*家づくりに役立つ情報を、メールマガジンにてお伝えしています。

 ぜひご登録ください。

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。