スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

期待に応え、想像を超える家。


蜆塚の家 Kさんの住まい。

いつまでも賃貸住まいでは…
そう感じていたとき、
入り浸っていた北欧家具ショップのオーナーから紹介されたのがスローハンド。
その時は具体的な話にはならなかったのですが、
数年後、家づくりを真剣に考えるようになったとき、
いろいろな工務店をまわればまわるほど引き立って見えたのが、
スローハンドの家づくりでした。

他を見れば見るほど、惹かれていくものがある。

家づくりのタイミングは人それぞれですが、子供の誕生、成長はひとつのきっかけになるようです。Kさんもお子様がお生まれになり、家づくりを真剣に考えるようになったといいます。多くの工務店をまわり、見学会や勉強会に参加するなかで、「やはり、建てるならここしかない」という気持ちになったのがスローハンドだったそう。実は数年前に一度家づくりを考えたときがあり、その時に仲のよかった北欧家具ショップのオーナーから「私が建てるならここ」と紹介されたのがスローハンドだったのです。「他社はお客さんのことを聞きすぎているのか、どこかちぐはぐな印象があったんです。その点スローハンドはシンプルで窓やスイッチの高さといった細かなところまで統一感があり、すっきりとした印象を受けました」とKさん。他を見れば見るほど、その良さに惹かれるようになり、Kさんの家づくりはスローハンドに託されることとなりました。

 

スローハンドは、基礎・大工・建具といった各工程の工事で同じ職人をずっと使っています。「『現場を一番大事にしてる』が現場上がりの杉本さんの口癖だったんです。『一番地味だけど、基礎が一番大事』ともいっていたかな。デザインも好みでしたが、そんな姿勢も決め手の一つでした」とKさん。工事が始まると足繁く現場に通い、職人さんとも仲良くなったといいます。
「『こうすると家が長持ちするんだよ』と職人さんが教えてくれたりして、現場に通うたびに自分の選択が間違っていなかったことを確信しました」。

 

家の本当の良さは、暮らしてはじめてわかるものです。それは、実際に住んでみると、見た目はいいけど使いづらかったり、面倒な動線を強要されたりと、気になるところが徐々にあらわになるから。実際に引き渡し時に満足度が一番高く、そこからどんどん下がっていく、そんな家も多いようです。期待度が高かったスローハンドの家はどうだったのか、Kさんにズバリ聞いてみると、「できあがったときは、期待通りの家でした。1年住んでみたら、想像以上でした」とのお答え。「ひとことでいうと、『暮らしやすさ』でしょうか。27.5坪のコンパクトな家ですが、空間のつながりが良いため、狭さも感じませんし、階段ひとつとっても、手すりの位置やカタチなどすっと手に馴染むことでストレスが溜まらない設計になっていることが、住んでみてよくわかりました」とおっしゃるKさん。「少しでも部屋数が欲しいと思い、吹き抜けの部分は部屋にする予定だったのですが、杉本さんの提案で子供部屋を3帖に抑えて吹き抜けにしたんですね。実際に暮らしてみると、吹き抜けていることで開放感があり、2階と1階のつながりも生まれてほんとうによかったと思います」。

小さな家こそ、庭が大事。

Kさんの住まいは、変形敷地をうまく利用して小さな庭と緑がそこかしこにあります。「外構や造園を後まわしにすると、結果的に高くつくと言われたのですが、確かに住まいと庭を一緒に設計するのが一番だと思います」とKさん。お茶を嗜むKさんは和室を茶室としても使われるのですが、そこからはスローハンドの家に似合う、和風すぎないシンプルな庭が眺められるようになっていました。

 

冬は天竜杉のぬくもりがうれしく、夏は緑に囲まれ心地よい風が抜けるKさんの家。「毎日が心から幸せと思うことができる家になりました」というKさんの言葉は、心の底から湧き出てきた本当の気持ちだと感じることができました。

撮影:上田 明(夜景のみ塚本浩史)