スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

信頼から生まれる家づくり。


国吉の家 Wさんの住まい。

実家の隣の敷地が空いたことをきっかけにはじまった家づくり。
ヘアサロンを営むWさんのお客さんから勧められたのが、
お客さんも住むスローハンドの家づくりでした。

店のお客さんが絶賛していたスローハンドの家づくり。

芳川町でヘアサロンを営むWさんは、家づくりの前からお客さんが建てたスローハンドの住まいの話を聞いていたそうです。実家の隣の土地が空き、「なかば強制的(笑)」にそこへ家を建てることになったWさんは、お客さんが絶賛していたスローハンドの家づくりを確認すべく、平口ゲストハウスに足を運んだといいます。「他の工務店も見たのですが、やりすぎなところが多くピンときませんでした。ここは一目見て気に入り、このまま建てて!とお願いしました」と奥様がおっしゃるように、Wさんの家はそこかしこに平口ゲストハウスの要素を感じることができます。「敷地にあわせて、玄関土間やリビング中央にあるスケルトンの階段、木製建具など、平口のゲストハウスで気に入ったところを盛り込んでもらいました」そう話すWさんですが、設備などはほとんどスローハンドにお任せだったといいます。「普通ショールームをまわって決めるようなキッチンも『これになります』の一言で終わり(笑)。ただ、それでいいと思うんですね。あれこれ素人がよくわからずに選ぶとちぐはぐなことになりますから」とWさん。天井に貼られたラワンベニアもスローハンドからの提案で、落ち着いた空間が演出されていました。

 

「家のまんなかに階段があるのがいいですね。子供たちが家を出入りするときはここを通りますし、ちょこんと座れたりもして、もうひとつの居場所になったりもするんです」とWさん。掃き出しでなく一段あげられた南側の窓もそうした「居場所」のひとつになっています。

 

 

「さすがだなと感心したのは、光の入り方でしょうか。夏は日差しが遮られているのに、冬はたっぷりと日が差し込み、暖かく過ごすことができます」とWさん。南側全面に設けられた開口部にはガラリ戸が仕込まれており、視線と日射しを遮りながら通風を確保することもできます。そんなところにも、光や風といった見えないものをデザインする、スローハンドの設計作法が垣間見られます。

みんなの驚きは、自分たちにとっては当たり前のこと。

お友達を招くと必ず言われるのが「木の香りがしていいね」という言葉だとWさんがおっしゃるように、竣工から3年が経った今でもほんのりとした木の香りがWさんの住まいからは感じられます。「壁紙で仕上げられた家しか知らない方には『こんな家もあるんだ』とか驚かれますが、自分たちにとっては当たり前だし、しっくりと馴染む家になりました」とWさん。木という素材の心地よさはもちろん経年変化も楽しまれている、Wさんの満足げな表情からはそんな印象が感じられます。

スローハンドの家にいくと、家中を元気に走り回るお子様の姿をよく目にします。Wさんの家も例外ではなく、お子様が楽しそうに走り回っていました。余計な間仕切りのないひとま空間と自然素材である木の床が、子供たちの心を開放的にしていることは間違いないようです。そしてそれは大人の心も開放してくれる心から寛げる家になっているともいえるでしょう。

撮影・取材 (株)アドブレイン