スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

四季を感じる木の家。


豊橋・東田西郷の家 Yさんの住まい。

平口モデルハウスに一目惚れして、
スローハンドで木の家づくりをしたYさん。
季節を感じる庭を纏ったその家は、
四季を通じて心地よい空間を実現していました。

平口モデルハウスに一目惚れ

家をずっと建てたいと考えていたYさん、知り合いからスローハンドを紹介され、まず平口のモデルハウスを見に行ったそうです。「木の家を建てたいと思っていて、実はスローハンドさんのことは前から知っていたんですが、平口のモデルハウスを見て即決しました。もう、このまま建てて欲しいと思ったくらい気に入ったんです。杉本さんには『土地が違ったらまた違う形になりますよ』と言われましたが(苦笑)」とYさんは当時のことを振りかえります。

 

「諸般の事情で家づくりが少し先延ばしになったのですが、その分じっくりやっていこうということになり、スローハンドのお施主さんともお話をすることができました。ああ、こういうご家族がスローハンドさんで家を建てるんだなあと、妙に共感したところものあり、それはそれで楽しい時間でした」とYさん。即決からじわじわとスローハンドの家づくりのファンになっていった様子がよくわかるエピソードです。

 

ファーストプランそのままに

実際に土地を見て設計された住まいはどうだったのでしょうか?「ほぼ、ファーストプランそのままです。こじんまりとした感じがとても気に入りました。」とYさん。「しばらくして模型が出来てきたんですが、それを見て感動したことを覚えています。『ああ、こういう家になるんだ』と」。
要望をすべて満たした上で無駄なくまとめられたそのプランは、収納の位置や家事動線なども練り込まれており、「さすが」と唸ったといいます。予算の関係でモデルハウスのような木製の建具は断念されたようですが、これはこれですっきり収まっていて、仕様やグレードに関わらずまとめあげるスローハンドの設計力の良さがうかがえます。

 

提案した模型

 

住まわれて2年の歳月が経っているYさんの家。実際の住み心地を訪ねると、「冬はとても暖かく一階のエアコンひとつで済み、光熱費が少なくてびっくりしました。夏は夏で風通しがよく、快適に過ごすことができています」とのこと。サッシもそれほど高級なものは入れていないのですが、「これで十分暖かいし、まったく問題ないですね」とバランスのいい仕様のチョイスに満足されているご様子です。「杉のぬくもりや調湿性も、心地よさの要因だと思います。緑ゆかたな前庭も出掛けるごとに季節を感じることができ、とてもいいですね」。
コンパクトな空間ながらも、木の心地よさと植栽の彩りが際立つ、Yさんの住まいでした。

撮影・取材 (株)アドブレイン