スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

冬の暮らしはどうあるべき?

2016年01月13日 8:53 pm カテゴリ: 


スローハンド代表の森田勝明です。

今年の冬はあまり寒さが厳しくないようで、
正月に浜松から見えた富士山も雪化粧というには寂しい感じでした。
でも今日あたりはずいぶん冷え込んだように思います。
スローハンドは長年、冬暖かく暮らしアイテムとして
空気集熱式パッシブソーラーをご提案してきました。
以前はOMソーラーでしたが、現在はそよ風です。
我が家にも搭載していまして、この1月で入居して丸1年が経ちました。
おいおいその様子はご紹介したいと思いますが、
実際に住んでみてそよ風の一番よいと感じるところは、
暖かさもさることながら、空気が淀まないところでしょうか。
屋根面を通じて温まった外気が、ダクトを通じて床下へ、
そして室内へと届くわけですが、要するに暖房と換気の両方を行っているわけです。
これは他の暖房では難しいですね。
だいたい2時間で家の中の空気が入れ替わっちゃう感じなのですが、
おかげで室内がさわやかに保てます。
普通暖房し続けていると家の中の空気が澱んできますよね?
で、ちょっと換気しようと窓をあけたりすると
一気に冷気が入ってなんてこと経験あるかと思います。
それがないだけでも冬の暮らしの質が大きく変わると思いますよ。
ちなみに今夜のようすです。
025
いろいろ数字が書いてありますが、
温度のこととかは次回また詳しくお伝えします。

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。

個人ブログはこちら