スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

家づくりにかかわるお金の話 Vol.1

2016年03月23日 12:19 pm カテゴリ: 


スローハンド代表の森田勝明です。

今回から家づくりにかかわるお金のことについて綴っていきます。

どちらかといえばこういう話はハウスメーカーさんとかが得意な分野で、

ぼくらのような工務店はあまり得意としていないように思うかもしれませんね。

でも私はこの分野、結構得意にしています。

めずらしいかもしれませんが、ファイナンシャルプランとか土地探しとか、

ほんらい工務店が得意としていないことが大好きなんですね。

性分が凝り性なので、極めないと気が済まないこともあって、

これまでお建ていただいた方にたくさんお金のアドバイスをしてきましたし、

土地探しも結構手がけさせていただきました。

ということで、これまでも経験を踏まえ、

できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

まず最初に、これから家づくりを始める人が

不安に思っていることのベスト5ってわかりますか?

それは以下のとおりです。

①ローンの返済ができるか

②自分の描くイメージどおりの家が建てられるか

③老後の生活が不安

④今建てるべき時なのか

⑤予算内で希望の家が建てられるか

時代が変わってもほぼこの5つの不安に変化はありません。

つまり建てたあとのイメージがなかなか漠然としていて、

それが不安のもととなっているのでしょうね。

ではその不安を解消するためにはどうするべきか?

それは生涯にかかるお金を計算し、把握しておくことだと思います。

人生で大きな費用を要するライフイベントを時系列でいうと、

①自分自身の結構にかかる費用

②子供の教育費

③家づくりにかかる費用

④子供の結婚にかかわる費用

⑤自身の退職後のセカンドライフ(老後資金)

といったところです。これらでおおよそ1億5千万が必要ともいわれています。

(生活費や住宅ローンの支払い等は除く)

また、それぞれの費用がかかる時期も違います。

まとめますと、建てた後の不安を解消するならば、

家づくりにかかる費用だけでなく、

将来を見越して生涯にかかるコストを把握し計画を立てること。

これが重要だと思います。

では、具体的にどう考えればいいかを

次回からお伝えしたいと思います。

DSCF9294

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。

個人ブログはこちら