スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

家づくりにかかわるお金の話 Vol.4

2016年04月03日 5:55 pm カテゴリ: 


スローハンド代表の森田勝明です。

家づくりにかかわるお金の話4回目です。

前回の続きです。

住宅ローンの金利はムダ以外の何ものでもありません。

いかにそれを少なくするかが、ポイントになります。

まず借り方として可能であれば、

元利均等ではなく、元金均等で借りることをお勧めします。

元利均等の方が一般的ですが、

金利分を含めた返済総額は元金均等の方が少なくて済みます。

ただし、返済当初の返済額が元利均等に比べて高いのですが、

元金分の減り方が早いので利息も少なくなるわけです。

そして借りた後は、

可能な限り繰上げ返済を行うことです。

元金均等で借りても元利金等で借りても、

返済初期は利息分が多いので、

繰上げ返済を早めにすると効果が大きくなります。

そんな余裕ないよって思うかもしれません。

でもこう考えてください。

2500万円借入れ(金利1.2%)して、

3年後に100万円の繰上げ返済をすると、

約14万円の金利をカットできます。

言い換えると、100万円を元手に、

年間1.4%の資産運用をしたのと同じになるわけです。

今銀行に100万円預けても、

とてもそんな運用は無理ですよね。

貯蓄するかわりに、

その分繰上げ返済に充てたほうがトクなんですね。

もちろん無理はよくないですので、念のため。

このあたりは内容が濃いので、

続きはまたお伝えします。

ただ、ずっとお金の話ばかりもなんですので、

あいだに他の話題も挟ませていただきます。

また、個別にファイナンシャルアドバイスも行っていますので、

ご希望の方は下記個別コンサルフォームからお申し込みください。

 

DSCF9294

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。

個人ブログはこちら