スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

家づくりにかかわるお金の話 Vol.3

2016年03月30日 2:08 pm カテゴリ: 


スローハンド代表の森田勝明です。家づくりにかかわるお金の話3回目です。

 

今回から、家づくりをする上で不安のトップ

“ローンの返済ができるか”

つまり「住宅ローン」についてお伝えします。

とはいえ、ネットや住宅の本などに、

いっぱい情報があふれていますので、

今さらな話をしてもあまり面白くないので、

私ならこうしますという話をしますね。

上手に住宅ローンを借りるポイントは3つ、

① より低金利で

② より少ない金額を

③ より短い期間で返済

することです。

金利についていえば、史上最低金利はもう何年も続いていますね。

日銀がマイナス金利政策をとっていることもあり、

この傾向は当分続くように言われています。

金利のパターンは大きく2つ

「固定金利」と「変動金利」がありますが、

どちらがよいという決定打はありません。

 

ところで、なんでもそうですが、

お金を借りたら金利を払わないといけませんよね。

でもこの金利って、

銀行さんには悪いですが、ムダ以外の何ものでもないですよね。

ポイントはここで、

とにかくムダな金利をなるべく少なくすることです。

もちろん金利が低い方がいいですし、

期間も短く、金額も少なくするのがベストですが、

みなさんなかなか3つの条件がかなうことはないですよね。

それにこの低金利であれば

変動か固定、どちらがいいとはいえませんし、

頭金をもう少し貯めてから計画するのか、

現段階から計画するかの違いも

預金金利をみればあまり差を感じられないですよね。

ではどう考え、どうすればよいか次回お伝えします。

 

DSCF9294

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。

個人ブログはこちら