スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

「足るを知る」ほどよい広さの木の住まい。


新原の家 Tさんの住まい。

小さな家がいい…

大きく広い家に憧れるご家族が多いなか、
スローハンドが掲げる「足るを知る」住まいづくりに
共感したTさんが建てた家は、
四季を通じて心地よさを感じることができる、
ほどよい広さの木の住まいでした。

リビング

小さく建てて、大きく暮らす。

以前はアパート暮らしをしていたというTさん。当初はログハウス系の家づくりも含めて検討されていたといいます。そんな時に出会ったのがスローハンドの家づくりでした。当時代表だった杉本さんから勧められたのが、中村好文や伊礼智さんの本。そこにはスローハンドとも通じる「小さく建てて大きく暮らす」家づくりが語られていました。その考え方に共鳴したTさんは、建てるならスローハンドで!と早い段階から決めていたそうです。

T様
「若い頃に家づくりを考えていたら、いわゆるデザイナーズ系のような住まいも考えたかもしれません。実際片流れの家とかも考えていましたから。(笑)でも、それを杉本さんに話したら、『ウチはやらない』ってはっきり言われたんですよね。お客さんの要望にすり寄ってこないで、はっきり自分たちの考えを言う姿勢が逆にいいなと思ったんです。」とTさん。

それから4軒ほどの実作を見学させてもらい、「ここなら間違いない」と確信したといいますが、そんなTさんが木の家づくりを標榜する工務店が多いなかスローハンドを選んだのは、日本を代表する住宅作家の作法に通じるなにかを感じ取ったからに違いないでしょう。

リビングでくつろぐお子様たち

自然を味方にしたパッシブソーラーという家づくり。

奥様の実家の隣に建てられたその住まいは、お互いの気配を感じながらもプライバシーは絶妙に保たれる配置と開口部で計画されています。30坪弱というコンパクトな大きさですが、狭さはまったく感じません。「ラワン仕上げを提案されたんですが、これが白い壁といいコントラストでとても気に入っています」そう話すTさんですが、もうひとつとても気に入ってるポイントがあるそう。それがパッシブソーラーの「びおソーラー」で、このおかげで四季を通じて快適に過ごすことができるといいます。

床に寝そべる
Bioソーラー吹き出し口
「母親が母屋からくると、『あんたちはあったかいね』って言うんです(笑)。実際、夜トイレに起きても寒くないですしストーブをつけることもあまりなかったですね。夏は夏で暑苦しくてエアコンをつけたのは数日しかなく、本当に快適に暮らせています」とTさん。「パッシブソーラーは、日照や季節風など、遠州の気候を知り尽くしている地元のスローハンドさんならではの家づくりだと思います。ほんと文句のつけどころがないというのが正直な感想ですね。」

外観の前で

撮影・取材 (株)アドブレイン