スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

小さな家の工夫あれこれ

2018年10月21日 1:24 pm カテゴリ: 


スローハンド代表 森田です

 

スローハンドは、「小さな家がいい」を旗にかかげて

家づくりをしています。

ひとくちに小さな家といっても、

そこに家族が3~5人くらい暮らすわけですから、

そのために必要十分な空間を設けることは当然の話です。

それでも、

小さいけれど狭くない…。

小さいけれど広く感じる…。

そういう家をカタチにしています。

そのための創意工夫を日々研鑽しているわけです。

 

とはいえ、

小さな家をつくる上で

一番重要なのは考え方を変えることです。

つまり従来の固定観念を

今一度見直してみることです。

 

たとえば、

リビングって何となく8畳あるといいね。

って思われがちですが、

どうして8畳あるといいと思うんでしょうか?

と聞いてみると、

文字どおり「何となく」なんですね。

その何となくを

しっかりと、暮らしていく上で支障のない、

そして気持ちの良い寸法を導き出して

カタチにすること。

これが小さな家をつくる上で肝要なことなんです。

 

平口ゲストハウスの2階に

ミニマムなリビングコーナーを造りました。

ソファの背中から、

テレビを置く収納まで1間半、

つまり2730ミリです。

前述の8畳だと、一辺が3640ミリですから、

それよりも910ミリ短くしています。

これでも十分というか、

これくらいがちょうどいいと思っています。

こうやって詰められるところを

ひとつひとつ検証していくと

面積は小さくなる一方、

住み心地はよくなるということがいっぱいあるんですね。

今後もそういう創意工夫をご紹介してみたいと思います。

 

平口ゲストハウスのミニマムリビングコーナーのようす

 

 

*家づくりに役立つ情報を、メールマガジンにてお伝えしています。

 ぜひご登録ください。

メールマガジン登録受付中。

見学会などイベントの情報や家づくりに関するトピックスはもちろん、家づくりに役立つ情報をセミナー形式で週2回お届けします。 ご希望の方は下記フォームよりご登録下さい。