スローハンド有限会社は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

スローハンド(有)は、浜松で自然の力を活かしたパッシブソーラーと心地よい木の家を提供する工務店です。

家づくりの性能

長く住み続けるには、たしかな性能が欠かせません。スローハンドは下記に挙げる改正省エネ基準の適応をはじめ、最新かつ自然に優しい住まいづくりを行っています。大切な住まいにできるだけ永く、安全に住んで頂きたいと常に考えています。

改正省エネ基準に適応しています。

東日本大震災以降、少ないエネルギーで永く効率的に暮らす「省エネ」の生活がより注目されるようになりました。住宅においてもそれは例外でなく、2013年10月1日に「改正省エネルギー基準」が施行され、国土交通省・経済産業省・環境省が設置する「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」にて、2020年までにすべての新築住宅を対象に新基準への適合の義務付けが決定されています。スローハンドでは、この改正省エネ基準に適応した住まいを建てています。「改正省エネ基準」では、下記の点が追加・改正となりました。

①一次エネルギー消費量の軽減
②外皮の断熱性能の基準値クリア(UA値基準)
③より細分化された区分での適用

特に①の冷暖房や換気設備、照明など住宅で使用するエネルギーを熱量換算した値である「一次エネルギー」は、これからの住宅建築にとって重要な指針となります。スローハンドでは、パッシブソーラーシステム(後述)や、薪ストーブの採用などによって、以前からエネルギー消費の少ない暮らしをご提案しております。
ご興味のある方はぜひご相談下さい。

改正省エネ基準について詳しくはこちら

ZEH 普及率の目標

スローハンド有限会社は、平成32年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及率を50%以上とします。詳細は下記リンクの資料をご覧下さい。
ZEH目標公表資料(PDF)

パッシブソーラーシステム

パッシブソーラーシステムは、シンプルですが、自然に寄り添い、健康的な暮らしを実現するうえでとても頼りになるシステムです。夏の夜は冷えた涼しい空気が、冬の昼は太陽熱によって暖められた温暖な空気が室内に取り入れられ、循環して一定の心地よい温度に保ちます。エアコン等の強力な装置に頼らずとも、「夏涼しく、冬暖かい」住まいをつくることができる点が、このシステムの最大のポイントです。また、当設備の施工には、自然を相手としていますので、きちんとした知識・考え、そして技術力が欠かせません。たしかな施工力と実績をほこるスローハンドだからこそ、安心してお任せいただけるのではないかと思います。詳しくは、当サイトお問い合わせフォームまたはお電話より、一度ご相談下さい。

パッシブソーラーシステムの仕組み(そよ風の場合)

※画像はクリックで拡大します
そよ風について詳しくはこちら

薪ストーブ・ペレットストーブ

パッシブソーラーを補完する暖房、また、単独の暖房器具として、薪ストーブやペレットストーブも数多く採用しています。石油ストーブやファンヒーターでは絶対に味わえないやさしい暖かさが自慢です。薪ストーブは薪の調達や火を入れる作業もありますし、ペレットストーブもペレットの調達をしなくてはいけません。もちろんシーズンオフにはメンテナンスも必要です。ちょっとやっかいだけれどもアクティブに暮らしを楽しむことができる。それが何よりの贅沢なのだと、私たちは考えています。

maki
maki2

banner-mail
banner-contact